天白山城(長野県小県郡真田町)

真田町本原にある真田氏館の東の山上にあり、戦時に詰める城。
 真田本城からも郭形状がはっきり見ることができる。
 戦時の拠点の中心は北東にある真田本城であると思われるが、本城は真田本城が攻撃された場合に攻撃をけん制するため、あるいは攻撃軍の側面を突くための出城的な役割があったと推定される。
 城の規模は小さく、南の尾根に6段ほどの曲輪を築き、本郭でも10m四方の広さしかない。
 土塁もあるが石で補強されている。本郭の北側は岩盤を崩した堀切と竪堀がある。
真田本城より見た天白山城

内小屋城(長野県小県郡真田町横尾)
 信綱寺のある地は真田氏が真田郷を支配する前の支配者、同族の横尾氏が居館を構えていた所と言われる。
 この地は内小屋城のある尾根が南側にあり、背後(北側)の山の間にある谷状の場所であり、南側を内小屋城が、西側を横尾城が守る構造となっている。
 横尾氏は武田、諏訪、村上氏による海野一族攻撃で上野に逃れて没落したが、武田氏に従いこの地に復帰した真田氏が真田氏館に移るまでの間、居館を置いたと言われる。
 移転後、この地には長篠の戦いで戦死した兄、信綱の菩提寺が真田昌幸により建立され現在に至っている。
 城は長さ200m、幅20〜30m、比高25m程度の細長い小さな尾根(丘)に築かれている極めて小規模なものであり、それほどの要害性はない。 

 内小屋を守る防波堤といった感じである。
 東側の最高地点に本郭を置き、その東は堀切となっている。
 本郭は30×15m程度の広さであり、祠がある。その西側に3つの郭が段々状に設けられ、いずれも墓地となっている。
 黒門のある場所は、堀切の跡である。その西にも細い郭が延びている。
 尾根の南側にも斜面に沿って2段ほどの曲輪(腰郭)がある。
真田本城から見た内小屋城、横尾城。
内小屋城本郭内部 本郭東側の堀切。 四郭西の堀切に建つ黒門。 内小屋の地に建つ信綱寺。

横尾城(長野県小県郡真田町横尾) 

 内小屋城とともに内小屋を守る城である。
 横尾氏により築かれ、地蔵峠方向からの敵に侵入を意識している。
 比高は75m程度であり、主郭部の範囲は150m四方である。
 南北に細長い峰の南側末端を城域としており、北側は堀切で区画している。
 本郭は40m×15mほどの広さであり、現在、秋葉社が建つ。
 その北側には石垣?があり(石で補強した土塁か?)一気に深さ8mほどの堀切となる。
 堀切は3重になっているというが良く確認ができない。
 本郭東、西、南には腰郭がある。大手道は南側斜面にあり、北方向を除く、斜面には曲輪が大手道の左右に互い違いに15段ほどあるが、藪状態で良く分からない。
 城の南側一帯の平坦地はかつて城下町であり、小路、市神、四日市という地名が残る。

南側より見た横尾城。 本郭内部。秋葉社が建つ。 本郭北の堀切。 本郭西の曲輪。

 真田氏館(長野県小県郡真田町本原)

 真田幸隆の嫡男信綱が天文年間(1573−92)に築き、内小屋から移転したと言われる。
館は信綱戦死後、真田昌幸に受け継がれ、上田城移転後、廃館となったわずか10年程度使用された館ではあるが、移転時に昌幸により皇大神宮が誘致されたため荒廃せずにその姿を今日に伝える。
 境内の他、「お屋敷公園」としてゲートボール場等になっており、良く整備されている。
 館は本原の緩斜面上にあり、西に向って低くなっている。
 館からはすぐ西に戸石城、東に真田本城、天白山城を見ることができる。
館はほぼ長方形の単郭であり160m×130mの広さがある。
四方は高さ2mほどの土塁により囲まれ、石で補強されている。
(部分的に石垣)大手は南側、北側に搦手門、東側に東門がある。
 大手は内側に凹んだ枡形状となりかなり立派な門があったと思われる。
東門付近の土塁は内側に湾曲しており、鬼門除けと推定される。
 周囲には堀があったと思われる。館内は3段になっており、北の隅に厩の土塁が残る。
 中世の領主の館形状を明瞭に伝える遺跡である。
北側の土塁 厩跡の土塁 大手門跡。石垣が見られる。 館内部。西側の土塁。