那珂川町(旧小川町)の城

片平城(那珂川町片平)

小川町の南西の那珂川を東に見る山上にある。
那須資隆の第八子堅田八郎義隆が築城したと伝わるが伝説の域を出ない。
東円寺南の山の頂上に築かれた山城である。尾根式の城郭ではなく、丸っぽい山の山頂周囲に横堀を巡らす森田城や戸田城などと似たタイプの城である。
山頂に20アールほどの平地があり、ここが本郭である。
その周囲、3mほど下に幅2m程度の堀が取り巻く。
堀はかなり埋没しており、堀というより前面に土塁を持つ帯曲輪に近い感じである。
西側、南側は腰曲輪があるのみである。本郭の東斜面に階段状に郭があり、2、3重の横堀が取り巻く。
しかし、ここも堀はかなり埋もれてしまっている。郭も平坦さはなくただの緩斜面である。
その東方に50m×70m程のかなり広い平坦地Uがあり、屋敷や蔵があった場所と言われる。
大手は北側の常円寺方面であったという。城址は手が加わってはいないが、全くの未整備状態であり、倒木が酷く、藪状態で歩くのにも難渋する。
那須氏系の城であったが、元亀元年(1570)、佐竹氏に従う武茂氏の攻撃を受けて落城し、廃城になったという。
東の山ろくから見た城址。丸っぽい山にある。 曲輪U内部。杉の林になっている。 本郭周囲の堀は埋没が激しく、藪である。

(鳥瞰図の町名が小川町となっていますが、馬頭町との合併以前に描いたことによります。)


戸田城(那珂川町東戸田)

片平城の北1.5kmの東2kmに那珂川を見る山上にある。
北側には国道239号線が走り、東の山麓に熊野神社がある。
片平城の支城というが、現地を見ると片平城よりはるかに立派である。
本郭は50m×30mの大きさであるが、その周囲を横堀が1周している。
片平城と違って堀はほとんど埋没していなく、切岸の勾配も鋭い。
北側は尾根に沿って数郭があり、本郭の南側に堀を隔てて二郭があり、その南側は二重堀切で遮断されている。
本郭から熊野神社方面に延びる尾根上の郭は明確ではないが、小さな堀切があり、腰曲輪と思われる平坦地が2箇所ほど見られる。
その尾根の南側の斜面にはやはり曲輪が段々に築かれ、この方面が大手だったようである。
築城者は不明であるが、那須氏系の城郭であったと思われる。
二郭西側の堀 二郭南側の二重堀切 本郭北側の堀

(鳥瞰図の町名が小川町となっていますが、馬頭町との合併以前に描いたことによります。)