小瀬館(常陸大宮市(旧緒川村)小瀬) 

小瀬館は佐竹氏八代貞義の三男義春が足利尊氏から小瀬を貰い築城した。
ただし、この城が北にある小瀬城なのか、この小瀬館なのかはっきりしない。
どちらが先かはともかく、尾根式城郭の小瀬城は居住性はなく、詰めの城であろう。

小瀬館の主郭部は緒川総合センターとなっていて、台地周辺に空堀の跡や竪堀を見ることができる。
総合センターの建つ場所はかなりの広さを持ち、小瀬氏の居館や政庁があったのはこの小瀬館であろう。

また、東麓のお菓子のふるさわ周辺は「根古屋(ねこや)」といって、家臣団や小瀬氏が普段住んでいた所と考えられる。
総合センターの建設で館の主要部は大きく破壊されてしまったが、建設前の地形模型が残っていた。

その模型を基に作成したのが下の復元想像図である。
主郭部は北東側が高かったようだが削平されてしまっている。
しかし、周辺部は比較的良く残っていた。
北東端部のA、Bが土壇状になっており、腰曲輪が残る。
東側Cと北側Dに犬走りが残る。西側Eにも帯曲輪が残る。

小瀬義春は足利尊氏の奉公衆として、各地の合戦に従った。常陸では、瓜連城を攻略し、笠間城攻めを行い、武功を挙げた。
小瀬城の北にある江畔寺には、義春の化身仏と伝わる愛宕地蔵尊がある。
小瀬氏は、山入の乱で一時期山入氏側に立ったようだが、佐竹宗家に降伏し、その後は佐竹家臣として各地の戦いに従軍した。小瀬氏は佐竹氏の秋田転封に従ったため、この頃に廃城となったものと考えられる。

@主郭部があった地は緒川総合センターになっている。 A手つかずで残る北東端の土壇 BAの土壇内部は当時のままの姿、周囲に腰曲輪がある。
C東側斜面には犬走りがある。道路は堀跡。 D北側の犬走り E西側に残る帯曲輪

(2016.12.10再訪)


以前の記事(訪問2000年8月)

城のある地は独立した細長い台地であり、北端が緒川と舟川の合流点、その北側が小瀬城である。
四方が崖となる要害性を持つ。
この北端部が最も高く、城はそこから南に向かって三段となっており、緒川村総合センターの駐車場ある地が本郭、公民館の地が二郭、緒川中学校のある地が三郭。
東西100m、南北400m程度はある。
本郭 北側 斜面下に帯曲輪がある。 本郭の地 緒川村総合センター駐車場 二郭の地より、三郭(緒川中学校)を見る。二郭の地より、三郭(緒川中学校)を見る。

高倉城(常陸大宮市小野)

 那珂川左岸の低地の水田地帯に望む台地突端部に位置する。
 小場城の北約3kmにあり立地条件はほとんど同じ。
 西側は水田地帯、北と南は侵食谷が天然の要害となる。

 東側のみが台地平坦部に続く。
低地からの比高は約30m。

現在は城祉は畑となり明確な遺構は確認できないが、台地先端部等林に覆われている部分も多く、この中に遺構が存在する可能性もある。

 上小屋館(常陸大宮市北塩子細目)

 常陸大宮市中心部から旧緒川村方面に向かい、北塩子で御前山方面に向かう県道161号線と分かれる交差点の南西側の丘の上にある。
 館主等は不明。







小田野城(常陸大宮市(旧美和村)小田野)

 美和支所の西にある小田野の十字路を県道234号線に入って2kmほど北上すると西側に三浦神社がある。
この神社がある山の1つ南側の山が城址。標高は280m、比高は50m程度。城のある山は山麓部の勾配が急であり、登り口も良く分からないが、城址入口の標のある所から藪状態の尾根に上がると歩ける道に出る。
城のある部分は緩やかな尾根である。
この尾根に沿って直線連郭式に郭が展開するが郭も狭く、遺構も大したことはない。
どうも戦時の避難城程度のものであったと思われる。
居館は山麓に営まれていたのであろう。

最東端の曲輪 本郭内部。直径15m程度。
北側の土壇がある。
西側の二重堀切西側。深さ3m程度。 最西端の堀切。
この先は尾根道が続くのみである。

 南北朝期那賀城の那珂一族を滅ぼした佐竹氏が領土であったこの地を山入氏の一族小田野氏に与えて築城したという。
 その後、山入の乱が起こるが、この小田野氏は山入氏側には組みせず、佐竹宗家側に立ち、最後は国安城を逃亡した山入り氏義を小田野氏が捕らえて殺害している。
 以後、小田野氏は佐竹氏に従って行動し、城は佐竹氏の秋田移封により廃城となった。
 小田野氏は秋田に移った者と帰農した者に別れ、今でも小田野姓は多い。