萩原長者屋敷(城里町(旧七会村)徳蔵)

旧七会村の中心部、徳蔵寺の南600m、徳蔵のT字路を笠間方面に400mほど走った東側の比高40mの山上にある。

城は東から西側に張出す尾根の末端部にあり、北側は藤井川の低地、南と西側は浸食谷である。
現在、緑地広場として整備されており、公園となっている。

右の写真は徳蔵の交差点付近から見た館跡である。

屋敷といっても小規模ではあるが完全な中世城郭である。
しかも遺構の90%は残っている。
この地は過疎で開発の波が押し寄せないため、遺構が完全に残ったものであろう。
公園化は遺構をそのままにし、本郭内を公園とし、曲輪をアスレチック広場にしただけのものである。
この城については弘法大師と徳蔵姫の悲恋伝説があるが、現在残る遺構は明らかに戦国期のものであり、伝説とは時代が違いすぎる。
平安時代に館として築かれ、戦国時代に改変されたものかもしれない。
さて城郭であるが、本郭は直径50m程の5角形に近い形であり、その周囲に土塁を巡らし、その外に堀と土塁を巡らすという、佐竹系城郭に特徴的な形式を持つ。
堀の深さは3mほど、土塁間の幅は6,7m程度と規模は大きくはない。山に続く東側に高さ2mほどの土塁があり、その背後に深さ4m、幅6mほどの堀が存在する。
北側と東側に土橋があり、本来の虎口があったようである。現在、南東側及び西側にも入り口があるが、これは公園化に伴うものであろう。
本郭部の下側には東側を除き、帯曲輪が本郭の周りを3/4周し、さらに南側と北側の斜面に曲輪を配置する形式を持つ。
@ 南東側の湾曲した堀 A東の虎口から見た曲輪内部 B北の虎口東側は土塁に横矢がかかっている。
C西側の堀底 D西側の堀と外周の土塁 E 山側を遮断する堀切

歴史は伝説の域を出ず全く謎であるが、この地は笠間氏あるいは佐竹氏の重臣、石塚氏の領土であり、支城であるとともに、この地を管理する城あるいは見張り城、狼煙台としての性格を有していたのではないだろうか。果たして、ここで狼煙が上がったことはあったのか?

越後館(城里町小坂越後山)
常北から笠間に向かう県道61号沿いの青山小学校前の信号を北に曲がり、すぐに左折して西に向かうと道は西田川に沿って走り、小坂地区となる。
約1qほど進むと小坂農村集落センターがあり、その北側の岡が館跡である。
ここは水戸レイクスカントリークラブの南西端にあたる。
館のある山は比高が20m程度、東から西に突き出た岡の突端部である。
先端部は高さ10mほどの岩盤の崖がむき出しになっている。岡の麓に1軒の民家があり、その家を巻くように道が付いており、それを進めば館跡である。
館跡は畑、または牧草地になっており改変を受けているようであったが、櫓台や土塁が一部残る。また帯曲輪などはほぼ完存状態であった。
この道を上がると畑がある。ここは帯曲輪の跡であろう。
さらに登る道があるが、ここは軽トラが入れるように無理やりに崩して道をつけているようである。

本郭に相当する部分@は東西70m、南北40mの広さで西側に向かって緩く傾斜している。
東端には長さ10m、高さ1mほどの土壇Aがあり、石の社がある。北側と西側に土塁の残痕がある。
南側から登るような道Bが付けられているが、これが本来の道である可能性が大きいと思う。土壇の東側は堀兼通路だったようであり、北に下りる道(兼竪堀)があり、北下に曲輪がある。
東側に土塁が延び、東の尾根に続く平坦になっているが、城郭遺構はない。
おそらくこの方面が大手であったようであり、南下からこの東側に登り、西側の主郭部に入ったようである。
一方、本郭の西端に下に降りる道があり、そこを下りると帯曲輪Cである。
この帯曲輪は本郭の北下5mをぐるりと巡る。一方で西下に降りる細い道があり、岩盤下の平坦地に行ける。ここが搦手道のようである。
名前の「越後」の根拠は不明。伝承では上杉氏の家臣が築いたものだという。
応永14年(1407)上杉氏から佐竹氏に養子に入った佐竹義人に同行してきた山方盛利の家臣のことかもしれない。
西側から見た館跡 @本郭内部は牧草地で西に傾斜している。 A本郭の東端には土壇がある。
B本郭南下の曲輪から本郭に上がる道 C本郭西下の帯曲輪 D麓にある平坦地は廃寺跡?居館跡?

戸倉館(城里町(旧七会村)徳蔵)
七会村の中心部、七会村役場の西500m、西小学校や徳蔵寺のある台地が館址。
館は北側の山地から藤井川の低地に張り出した平坦な台地にあり、低地からの比高は10m程度。
明確な遺構は見られないが、土塁跡と推定される遺構が散見される。徳蔵寺の地が内郭に相当するが、ここはもともと寺院であったらしい。
戦国の城館としては、西小学校の地が館の主要部であり、発掘調査では薬研堀や中世の陶器類が出土しているという。
この場所は北側と西側が谷津状になっており、徳蔵寺の間に堀切を入れると完全に独立した形となる。
戦国時代は修験僧の寺であり、ここの僧兵が笠間に侵入したこともあった。かつては付近に多くの僧院が建てられていたと推定される。
寺院城郭であったが、笠間氏の攻撃を受け、寺は廃塵となり、以後、笠間氏が笠間城の支城として周囲を支配したという。
ただし、戦国時代を通して笠間氏が支配したのか、佐竹氏一族、石塚氏が支配したのかは定かではない。
佐竹氏の有力な軍事力として寺院の僧兵が上げられているが、この館も笠間氏あるいは、佐竹氏の軍事力の一翼を担っていたものと考えられる。

内郭に当たる徳蔵寺 館の主要部は西小学校の地 徳蔵寺と小学校の建つ台地間に虎口があった。

作内館(城里町那珂西)

那珂西地区の西端、南に西田川の流れる谷津田の水田地帯が広がる。
その水田地帯に北から突き出た細長い半島状の岡があり、そこが館跡であったという。
水田地帯を介して南側は水戸市であり、その対岸には私立リリーベール小学校があり、そこからは直線距離で北500mである。
館のあった岡は西が西田川の開析した谷津であるが、東も谷になっていたようである。
しかし、宅地造成でその谷は埋められて、新興住宅街になっている。
館跡は今は荒地であるが、そのうち造成されるものと思われる。
岡の上に青いビニールシートがかけられていたが、発掘調査でもしたのかな?
作内氏広の居館であったというが、詳細不明。

八幡館(城里町春園野田字仲野田)
県道61号線の「青山小学校」前の交差点から高久方面に1.5km北上すると、道はT字路に突き当たるがそこを左折し、300m行くと新善光寺跡がある。
ここを右折し直進し、谷津を越えた台地が館跡である。道はここで終わりとなる。
この場所は北が高久城との間にある谷津、南側も谷津という半島状台地の突端部分である。
道に沿った土手上が館跡だったというが、広い。@(道Eは堀跡かもしれない。)東西200m、南北100mほどある。
内部は畑と宅地である。ふと北東を見ると土塁のようなものが見える。
そこに向かうがそこに行く登り道@が虎口状であり、どうも本物のような感じである。
問題の土塁Bは民家の西側に存在し、北側に40m、そこから東Cに曲がって50mほど残っていた。
高さは3mほどである。南側にも続いていた可能性があるが、湮滅したようである。

さらに北側斜面に向けて高さ1mほどの土塁Dが、そして西側にも高さ1mの土塁が続いている。
地元の人は牛舎のある西側が馬場であったと言っていた。その馬場で馬を整え、曲輪内に入ったと言う。

下馬して館内に入るということは聞いたことがあるが、乗馬してというのは始めて聞いた。
したがって、本郭の虎口は土塁の切れた位置にあったようである。

左の写真は国土地理院が昭和61年に撮影した航空写真である。
ここに土塁(水色)と切岸(黄色)を描き加えた。

この館には佐竹氏家臣八幡但馬守という者の居館し、佐竹氏に従って秋田に移り、野田惣左衛門と名乗ったという。恐らく「野田」はこの館のあった字から取ったものではなかったかと推定する。
この地は現在は不便な場所であるが、周囲が谷津で要害堅固である。
非常に広い敷地を持つが、周囲を土塁が巡っていた(地元の人は北側に土塁が巡っていたと言っていたので全周にあった可能性は大きい。)とすれば、凄い規模の居館であり、かなり地位と勢力を持った者であったようだ。
@館跡に上がるこの部分は虎口か? A郭内は畑と民家である。 B民家西側に残る土塁
C Bの土塁は東に曲がって続く。 D Bの土塁の延長上に高さ1mほどの低い土塁
が北に続く。
E 南側の切岸。道路は堀跡か?

勝見沢館(城里町勝見沢字小屋場)
常北から笠間に向かう県道61号沿いの青山小学校と古内小学校の間の東に勝見沢集落があり、谷津を挟んで南がサザンヤードカントリークラブである。
このゴルフ場の北東側、勝見沢集落方面に突き出た尾根状の比高30mの山が館跡である。
その尾根に登ったが、頂上部はただの山であった。
その南側ではゴルフをしている。ゴルフクラブの敷地になって消滅したのかもしれない。
しかし、最高地点がただの山というのはどういうことか?
物見台か狼煙台であった可能性もあるが、この山は展望は利かないし、狼煙を上げても伝える者が誰なのか分からない。 

北東側から見た館跡 館の最高個所はただの山だった。 館麓から見た高見沢の集落。
居館を置くならこの場所だろう。

[水府史料」によると「古館」とか「りゅうがい」とも呼ばれているという。
加藤伯耆守の要害であり、子孫の加藤兵庫の時に、佐竹義舜の命で古内一桂齊に仕えた。
古内氏は佐竹氏とともに秋田に移ったが、果たして加藤氏はどうしたのか?
同行したのか帰農したのか。「諸士系図」では同行説を取っているが。
館のある山から見れば、谷津にある水田を挟んで東下に見える勝見沢の集落は背後、北側に山がある日当たりがよい南向きの段丘上にあり、加藤氏が居館を置くならここだろうなあと思う。

四方(しぼう)とや城(城里町小勝)

常北方面から七会方面に県道112号線を走り、城里町七会支所(旧七会村役場)の4.5q東にある高齢者コミュニティセンターのすぐ南側の山が城址である。
右の写真は県道脇から撮影したものである。
この山の東側は「ひたち平和記念墓地公園」がある山である。
山の比高は県道からは約30mくらいであり、東側から西に突き出た半島状の山、突端部にある。

現在、城の東は切通になっているが、これは堀切を利用したものであろう。
城の主郭部は東西120m、南北40mの広い平坦地である。
井戸跡と思われる場所が2箇所ほどある。
面白いのは山の北側には5,6段の帯曲輪が存在することである。
曲輪間の高度差はバラバラであるが、最大で5mほどあり、急傾斜である。

一見、後世、畑にした跡かとも思ったが、日当たりの悪い北斜面に畑を造成することはないであろう。

ちなみの城のある山の南斜面を見て見たが畑に利用したと思われる帯曲輪のようなものはなかった。
したがって、これらは帯曲輪であったものと考える。

この城の性格であるが、街道筋を監視する城であるとともに、西の長者屋敷からの狼煙リレーを中継するあるいは、笠間氏の城であったなら逆に長者屋敷、戸倉館に狼煙で伝えるための城でもあったのであろう。
主郭部が非常に広大であるが、この広さからして居館か蔵が置かれていたか、住民の避難スペースであったかもしれない。
(住民の避難城としては、里に近すぎるかもしれない。)
@本郭内部は広い。井戸跡らしきものが2箇所。 A北側斜面は5,6段の帯曲輪がある。 B東の切通の道は堀切跡を利用したものだろう。