笠間紀行

笠間稲荷神社(茨城県笠間市)

別名、胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷ともいう。
この笠間の町のシンボルである。
一応、笠間は笠間藩の城下町でもあるのだが、実質的にはこの町は笠間稲荷の門前町といった方がよい。

日本三大稲荷の一つとされている。
祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)で五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れ、正月の初詣は茨城県初詣参拝者数第一位だそうである。
伝承では白雉2年(661年)に創建されたとされるが、近世までの沿革は詳である。

↑山門、神社なのだがお寺でお馴染みの山門、江戸時代の寺社混合時の名残である。

常陸国風土記には「新治の郡より東五十里に笠間の村あり」と記され、その頃には笠間のこの地で「古事記」や「日本書紀」に描かれる宇迦之御魂神への信仰が深く根ざしていたと考えられているという。
鎌倉時代から戦国末期にかけてこの地を支配した笠間氏が崇拝。
笠間氏滅亡後、江戸時代には歴代笠間藩主が崇敬する。
初代松平氏をはじめ松平(戸田)氏、永井氏、そして忠臣蔵で有名となる浅野氏、井上氏も移封先にも分祀しているほどである。

最後の藩主牧野氏も笠間稲荷神社を牧野家の祈願所と定め保護した。
ここは藤棚や菊人形でも有名である。

この神社は正面の拝殿が写真に載るが、この建物↑は昭和35年建築のもの。
建築物で素晴らしいのは、その裏手にある本殿である。

本殿は、江戸時代 安政・万延年間(1854-1860)の建築であり、国の重要文化財。
銅瓦葺、総欅、権現造である。特に一面に施された木彫りの彫刻が見事である。
これらには後藤縫之助作「三頭八方睨みの龍」
「牡丹唐獅子」弥勒寺音八(上野国)、諸貫万五郎(武蔵国)作の「蘭亭曲水の図」があるそうである。


↑は2009年の菊祭りのシーンです。

笠間陶炎祭(茨城県笠間市)
GW期間に茨城県笠間市で開催される「陶炎祭」は、「陶炎祭」と書いて「ひまつり」と読む。
開始は昭和57年、個人作家、製陶所、販売店の垣根を越えて有志が集まり出展者36名でスタート、当時の祭りは完全な手造りであり、質素なものだったと言う。
出展者自からブルを運転して道を広げ、ジャリを敷いてU字溝設置、トイレ作りまで造って会場を整備したという。
会場は芸術村という場所だった。

祭りの目的は、陶芸家の知名度と地位向上、販売促進、笠間市の知名度アップ等だったという。
始めは同業者の文化祭のような感じであり、第一回陶炎祭のメインイベントは、延命地蔵菩薩像の野焼きだったという。

現在では陶炎祭は笠間芸術の森公園のイベント広場で、毎年4月29日〜5月5日に開催される。
この会場は平成5年の第12回から使用しているという。

現在では200人以上の笠間焼の陶芸家、窯元が出品しており、その個性を競う。勿論、直接販売もする。
オークションやライブコンサートなども催され、多くの人で賑わう。

その2013年の陶炎祭に行ったのだが、会場までのアクセス道はそれほど広くなく、大勢が押し寄せるには駐車場はとても間に合わない。
そこに多くの車が押し寄せるので周囲は大渋滞。至る所で違法駐車が。
その渋滞列に巻き込まれたが、途中でUターン、離れた場所の駐車場に車を置き、無料シャトルバスで。
これなら確実。
でも15時過ぎなら、道路は隙、帰る車が多いので簡単に駐車場まで行ける。

ちなみに駐車場の車の半分は県外ナンバーである。
はるばる朝早くからここまで出かけて来るのだ。
当然、北関東自動車道で容易にアクセスできるようになった効果であろう。

2013年は32回目、初日だけで5万人の人出だった。
さて会場はと言うと、まあ、なんて凄い人。
どれくらいの人がいるのか?ほとんどは半分ピクニック気分、完全な行楽である。
芝生にシートを敷いたりテントを張ったりして弁当を食べたりしている。
出店も凄い人。各店には個性的な作品が並び、その個性に感心するばかり。
やはり感性がないと芸術家は無理だ。
どうしてこんな発想ができるのだろう。
どこも何らしかのテーマを持っている。動物をメインにしたものも多い。

イヌ、ネコ、サカナなどもある。メルヘンチックなものも、ハリポタ調のものもあるし、色ではブルーをメインにしたものや、白と黒だけのものも。
値段もピンからキリまで。
ちょっと訳あり品などは安価で売っている。

芸術品もあれば量産品もある。見て歩くだけでも楽しい。
しかし、多くの陶器を買っているかというとそうでもない。
手にぶら下げている袋は皆、少なめ。
気に行ったものだけを少量買うのだろうか?
大人買いである。

感心するのは会場通路、これだけの人が来ているのにゴミがほとんど落ちていないのである。
こういうの余り気にしていなかったのだが、ゴミ箱を置かないのが返っていい結果となるようだ。
これじゃあ、ゴミのポイ捨て、恥ずかしくてとてもできない。
そんな勇気がある日本人はいるか?


笠間つつじ祭り
笠間城のある佐白山の北の山、標高143m富士山は笠間城の出城があった場所。
今では7haの公園に霧島、日の出、久留米、ヤマツツジなど様々な種類、8500株のつつじが、咲き誇こる。


笠間稲荷と陶芸だけではジリ貧となるのを感じた笠間市がここを昭和41年に観光開発の一端として、5か年計画で「つつじ公園」として造成し春の観光資源とする計画を立てた。
翌昭和42年から整備に着手し1000株のつつじを植え、整備。

翌年から「つつじまつり」を開催され、昭和45年には佐白山の桜とつつじで「花まつり」を開催。昭和47年には「つつじ」に特化し、第1回目の「笠間つつじまつり」を開催。

当時はここで笠間焼の展示販売もしていたが、昭和57年からは、「つつじまつり期間中、芸術の村隣の広場で「陶炎祭」を開催するようになった。

その会場に2013年のGWに○△年振りに行った。
しかし、○△年前となると記憶はほとんど曖昧。
あの時、どこに車を止めてどこから登ったのか、ここがあの時と同じ場所なのか、良く分からない。

記憶が薄れているのだ。
当時、つつじの木はまだ小さかったような記憶がある。
その時撮った写真も木は小さい。
50cmもなかった。
でも、今日見た木は低くても2mはある。
30年も経てば、そりゃ木も成長するはず。
山から眺めた風景だけが見覚えがある。
今は陶炎祭とパックで観光バスがどんどんやってくる。
そして、2つのイベント会場を結んでシャトルバスが走る。