水戸紀行1

弘道館
第9代水戸藩主の徳川斉昭によって天保12年(1841)、水戸城三の丸内に作られた水戸藩の藩校。
戸田蓬軒が建設を担当し、安島帯刀が運営を行った。
文武両道を教育方針とし、馬術や剣道のほか、人文科学、社会科学のほかにも、医学や天文学をはじめとする自然科学についての教育を行なった。
当然ながら、第2代水戸藩主の徳川光圀が編纂を開始した大日本史の流れを組む水戸学も教育の柱となったため、尊王攘夷が教育の基本になった。
藩校としての規模は大きく、水戸藩が人材育成にいかに力を入れていたかということが伺える。
また、水戸藩では本校の弘道館のほかにも領内各地に分校である郷校を造り、領内の農民に対しても門戸を開き、教育を行ったという。
学問の下のは、士農工商の身分制度は不用という思想があったのだろうか?
多くの他藩の藩校設立のモデルにもなったともいう。
大学というような感じではなく、卒業の概念はなかったという。学問の研究所という感じであったのであろう。
このため、若者も老人も同じ場で学んだといわれているので生涯教育のはしりでもあるかもしれない。
しかし、ここで育成された優秀な人材の多くが、水戸藩内での改革派(天狗党)と保守派(諸生党)の内部抗争で失われてします。
その弘道館の地も会津で破れた諸生党が水戸に舞い戻り、弘道館に立てこもり、二の丸側の天狗党を主力とする水戸藩兵と戦闘となり、多くの建物が銃砲撃により損傷・焼失してしまう。
明治に弘道館が有していた蔵書の多くは国有とされるが、その多くが昭和20年8月1日から2日未明にかけての水戸空襲により焼失しが、それでも約1万冊程度の蔵書が現存し、茨城県立歴史館が管理している。正庁・至善堂・正門は国の重要文化財に指定されている。

弘道館表門 正庁 正庁内部。ここで講義が行われたのであろう。

偕楽園
水戸といえば、「黄門さん」「偕楽園」そして「納豆」という単語が出て来るはず。
この偕楽園、ご承知の通り、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三大庭園の一つ。
江戸末期の天保13年(1842)、水戸藩第9代藩主徳川斉昭によって造成された庭園である。
斉昭は千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」を造ったという。
しかし、トレードマークの梅は重要な軍事物資(食料)であるので、単なる庭園だけという意味の場所ではない。
斉昭はこの地を東の水戸城防衛のための西の出城として使おうとしたとも言われている。
水戸城は西から東に延びる岡の東端に築かれており、北に那珂川、南に千波湖、東は湿地帯でこの3方向は自然の要害であるが、台地続きの西側が防衛上の弱点であり、これを補おうとして偕楽園を造成したとも言う。
この付近に出城を置くという発想は何も斉昭だけではなかったようであり、偕楽園のすぐ南には「見川城」がある。
この城は戦国時代の水戸城主である江戸氏が、長者山城とともに水戸城の西の防衛拠点として整備した城である。
しかし、斉昭は、現在でも完存状態にある「見川城」は何故か利用しなかった。

偕楽園の象徴、好文亭。 好文亭から見た左近桜と千波湖。絶景! 北側から見た好文亭。味のある建物である。
好文亭の表門。門の横は土塁になっている。 千波湖。西から水戸城方向を見る。水戸城の天然の大堀
であったが、昔は今の3倍位あったという。
千波湖の仕切堤防。左が桜川。

偕楽園内の約13haに約百品種、3000本の梅が植えられている。
2月中旬から3月中旬にかけての観梅が有名であるが、四季折々の見所があり、いつ行ってもそれなりの見所がある。
雪が降った時の風景も春の桜もまた絶景である。特に雪景色や左近桜越しに見る好文亭の風景が素晴らしい。。
その反対に好文亭から左近桜越しに見る千波湖もまた見事な風景である。
夏には深紅のキリシマツツジが、真夏には孟宗竹や杉林、秋には萩の花やモミジが見事である。
園内の手入れは行き届いており、気持ちが良い。これで入場無料なのである。
園内にある好文亭は、「何陋庵(かろうあん)」とも言い、徳川斉昭自らが設計したもので、木造2層3階建ての好文亭本体と平屋建ての奥御殿からなる。
ここで斉昭は民とともに茶道を楽しんだというが真相は・・。
好文亭という名は、古代中国、晋の武帝の故事「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれば則ち梅開かず」により、梅の異名を「好文木」(こうぶんぼく)といったことから、名付けられたものという。
本体は二層三階木造のこけら葺で、一階には、御座の間、控の間、東塗り縁広間、西塗り縁広間(天井は杉皮の網代張、周囲の杉の板戸には、漢詩を作るのに必要な、四声類別表--平仄(ひょうそく)--を記し、詩歌の会の便がはかられている。)対古軒(たいこけん)と茶室。
二階は小部屋が1つ、三階の楽寿楼(らくじゅろう)は、藩主の御座の間で、床柱は薩摩藩主島津斉彬から贈られた孟宗竹で、丸窓はけやきで作られている。
中に入ると質素ではあるが、格調の高さを感じる。これは素晴しい。