茨城町の城

宮ヶ崎城(茨城町宮ヶ崎)
 茨城町中心部から涸沼南岸をとおり大洗に向かう県道16号線がある。海老沢の集落を東進し、坂を上りきると鹿島神社が見えてくる。
 城はこの鹿島神社の北側一帯である。涸沼を北に見下ろす比高15mほどの台地縁部の高台にあり、非常に眺めが良い。ただし、そこは一見、起伏がある一面の畑であり、城があったのか疑いたくなる。
 神社から北を見ると林が見えるが、そこが本郭である。

 現在、バイパス工事が行われているが、バイパスは二郭と一部、二郭南の堀を通っている。
 耕地としたためほとんどの遺構は破壊され、本郭の一部を除いて遺構は失われている。しかし、地形はかろうじてかつての姿をうかがわせる。
 本郭は、台地先端近くにあり、周囲を堀が取り巻いていたようであり、南側以外の3方は前面に土塁を持つ横堀構造である。
 涸沼側の岸から上陸して攻撃してくる敵に対する防御であろう。
本郭の西側に遺構が明確に残る。この堀も結構幅が広く、曲輪と言えなくもない。
 本郭は70m四方の四角形であり、周囲は高さ2m位の土塁に囲まれている。南の二郭側に虎口が開いていたようであり、その左右に堀があった。(西側は隠滅)二郭は150m四方とかなりの広さがある。
 西側が土砂取りで削られている。本郭虎口から延びる農道がかつての大手道そのものであろう。
 郭内は南に向かって傾斜しており、1箇所に明確な段差がある。古図では段差のある付近に土塁があったらしい。
 その南の郭は腰曲輪であろう。二郭の南の堀は幅が30m近くあるが、耕地化でかなり浅くなっている。とても人工のものとも思えず、自然の谷津を利用して堀としたものではなかったのだろうか?二郭の東側にも一段低い場所に郭があり、現在、畑となっている。
本郭西側の切岸と帯曲輪。 本郭南側の土塁。 二郭に残る段差。道が大手道であろう。

大掾氏系の宮ヶ崎氏がこの地に来て築城したという。
 しかし、宮ヶ崎氏は上杉禅秀の乱に連座して滅亡したといわれている。ところが宮ヶ崎城を見ると、本郭周囲の土塁付きの腰曲輪といい、とても戦国前期とは思えない構造を持つ。
 宮ヶ崎氏が健在であった当時にこんな技術があったのであろうか?これは瓜連城で抱いた疑問と同じである。
 少なくとも宮ヶ崎氏が築城したとしても滅亡後も城は機能しており、整備されていたようである。
 宮ヶ崎氏の居館は鹿島神社南にある宮ヶ崎古館であろう。こちらは鎌倉から室町初期にかけて特徴的な完全な方形の館である。
 当時の宮ヶ崎城は極めて小規模で、避難用の城か涸沼の湖上交通監視用の城という機能があったのではないだろうか?
 もし、今に残る宮ヶ崎城が戦国後期の城であったとすれば、大掾氏と対立関係にあった江戸氏が前進基地として整備したものであろう。

宮ヶ崎古館(茨城町宮ヶ崎)

 鹿島神社の南、ちょうど宮ヶ崎城とは反対側の位置にある。
 単郭方形の館であるが、150m×100mもある巨大さであり、土塁の高さも3mほどと立派なものであり、その周囲には幅7mほどの堀を持つ。
 土塁と堀が完全に残っているのは北側と東側であり、西側と南側の大半はすでに破壊されてしまっている。
 遺構が半分しか残っていないものの見事な造りである。
 郭内は一面のサツマイモ畑である。
 虎口は北西角近いところにあり、土橋がかかっている。虎口は南側にもあったようであるが破壊されて分からなくなっている。
 那須の神田城とそっくりな形状であり、明らかに鎌倉から室町初期の武家の館である。
 時代からして宮ヶ崎氏の館であることは間違いないであろう。
 宮ヶ崎氏滅亡後は南を狙う江戸氏が使用していたと思われる。
館北西端の土塁と堀。 土塁に囲まれる館内はサツマイモ畑。 北東側にある土塁間に開いた虎口。

天古崎城(茨城町南島田)
 「てござき」と読む。県道16号線沿いの駒場にある梅香中学校の南600m、「神宿」のバス停の西側300mのる比高20m余りの丘の先端部が城址である。
 城は南と東が低地に面し、西側のみが台地につながる。北側は谷津が入り込んでおり、尾根状となっている。小さい城であり、城域は東西150m、南北100mほどにすぎない。

2郭からなり、西側に位置する二郭は50m×25m程度と小さく、東の本郭側と西側に幅10m程度の堀を持つ。
現在は深さ2mもないが当時は深い薬研堀であったと思われる。
堀に面して郭側に土塁がある。
特に西側にある土塁は10m四方程度の大きさがあり櫓台であろう。
本郭は東西100m、南北最大50mほどの台形をしており、西側の二郭側と北側の谷津側に土塁がある。
 なお、谷津側には堀底からつながる帯曲輪があり、特に本郭側は3段になっており、最上段の曲輪には土塁がある。
東側と南側は急勾配のため土塁も帯曲輪もない。
本郭の中央西よりに7m四方、高さ1.5mほどの櫓台がある。
古墳を利用したもののようであるが、ここには稲荷神社が建つ。
当時から存在していたのかもしれず、城主の氏神を奉った神聖な場所であったのかもしれない。
 本郭に神社が建つ城は宇留野城、島崎城や木崎城など多くあるが、いずれも同様に祭祀の場所を兼ねていたのかもしれない。とすれば本郭は居住の場ではない。
これは本郭内部が結構でこぼこしていて居住には適さないと思われる点からも想定される。
 二郭も狭すぎる。このため、あくまでこの城は緊急時の避難所に過ぎなかったのではないかと思う。
普段はこの付近、恐らく城の台地続きの西側あたりに居館があったのではないかと思う。
城主は海老沢氏であったという。
海老沢氏はもともとは東南の海老沢地区の領主であったが、江戸氏の家臣となって領地を拡大しこの地も領し、城を築いたという。江戸氏滅亡時に帰農し、その子孫は現在もこの地に健在と言う。
本郭西側の堀。 本郭内の土壇に建つ稲荷神社。 本郭北側。土塁が前面にある。

飯沼城(茨城町上飯沼)
 飯沼館あるいは桜井氏の館跡とも呼ばれている。
 南北に北郭、本郭、南郭の3つの郭が並ぶ城である。
 飯沼城を目指すには、川根小学校が目印となる。もっとも川根小学校自体が城址の一部であり、北郭に相当する。
 ここに居館があったといわれている。本郭は川根小学校の南側にあり、小学校の地より7m高い位置にある。内部はゲートボール場等になっているが、この部分のみが公園として残っている。50m四方の大きさがあり、周囲は土塁に囲まれる。 

南側に南郭があったといい、堀と土塁で隔てられていた。
土塁と堀の残痕はあるが、郭内は墓地になって遺構は不明である。
 さらにその南側は台地に続き、堀で遮断していたというが、この堀跡は道路になっている。
なお、さらに南に行くと櫓台のような盛り上がりがある。おそらく古墳のようであるが、見張台に使用していたものと思われる。
 本郭の東側には腰曲輪があり、その前面には土塁があったというが、現在は失われている。
その東は水田となっている低地である。
 本郭の西側には福性寺があるが、寺との間には2重の堀があり、堀間に土塁が残る。堀底は道路になっている。
 福性寺の地も北側、南側が低地となっている微高地であり、北側に低くなってしまっているが、土塁がある。
 城域から平安時代の三筋壷や五輪塔などが発掘されているため、福性寺は当時から存在していたと考えられる。
 ここも城域の一部であろう。なお、福性寺は天台宗の寺であり,本堂には町指定文化財に指定されている一木造りの如来像が安置され、境内には鎌倉時代の板碑や南北朝時代の五輪塔がある。
また、本堂前の観音堂は,飯沼城の奥方の安産を祈って,建てられたといわれ、現在でも,安産や子育てに御利益があるとして,地域の人々に信仰されている。
本郭内北側の土塁 本郭から東下の帯曲輪を見る。土塁は
失われている。
本郭から福性寺北側の土塁を見る。

 東方の方角(鬼門)の鹿島神社は、城の鎮護のために祀られ、南北朝期に桜井尊房という人物が築城したとの伝承をもつ。
 応永2(1395)年の米良文書に小田、宍戸氏の一族として飯沼山城守が登場し、彼が城主であった可能性もある。さらには福性寺の記録では、戦国時代の城主として桜園氏の名が記されているなど、城主が誰なのかは今一つ不明確であるが、桜井氏、飯沼氏、桜園氏は全て同じ一族ではなかったのだろうか。
 小田、宍戸氏系の城であったようであるが、文明年間(1500頃)には江戸氏の支配下に入り、江戸氏とともに天正18年(1590)佐竹氏に滅ぼされ廃城となった。

石崎城(茨城町上石崎
 涸沼の北岸の台地先端部にある城。涸沼を介して南に宮ヶ崎城が望まれる。
 城のある台地は涸沼に北から張り出した形の岬状になっている。南直下が親沢鼻という地名で、公園として釣のメッカになっている。 

 この親沢公園の北の丘が城址であるが、丘の比高は20mほどである。城域は直径100m位の範囲に及ぶ。
 単郭の城であるが、北側にも城域が広がっていた可能性もある。
城に行くには親沢公園の駐車場に車を置き、西側の県道を北に100mほど歩く。
 すると丘に登る小道が見える。この道を登ると台地との間を遮断している堀の堀底に出る。
 この堀が予想外にでかい。深さ8m、幅は15m程度ある。この堀が折れを伴いながら50mほど続く。
 郭内には西側の斜面伝いに道を行く、そこに虎口が開いている。
 郭内は直径70mほどある。内部は雑木林になっているが、それほど荒れてはいない。かつては畑であったようである。
 周囲には土塁がある。北側の堀に面した土塁は大きく、郭内からも4mほどの高さがある。この規模の土塁は小幡城級である。
 中央部は堀側に張り出しており横矢が掛かるようになっている。
ここは櫓台でもあったと思われる。
 北側以外の土塁は1mほどの高さしかない。
 虎口は西側と東南側にある。東南側の虎口は船で輸送された物資を運びこむための口ではなかったかと思う。
北側の堀。小幡城級の立派なもの。 北側の土塁。高さ4m位ある。 謎の土壇。物見台?狼煙台?

 おそらく、当時は直ぐ下に船付き場があったものと思われる。(現在は丘の麓から100mほど南が湖岸)
 やや東側に、高さ2m弱、径5mほどの土壇がある。
古墳という説もあるが、古墳にしては低い。古墳を利用したものか、始めから土壇として設けられたものであろう。似たようなものは大久保天神山城や大久保愛宕山城、天古崎城にもある。
 物見台にしては低い。宮ヶ崎城に急を知らせるあるいは、湖上の舟に位置を知らせる狼煙台であった可能性もある。
 太鼓で合図を送る方法もあったので、太鼓が置かれ屋根が覆っていた可能性もある。
 この場所なら音を遮るものはなく、涸沼一円に合図を送ることが可能であろう。

築城は良く分からないが、石川氏の一族であった石崎禅師房聖堂の居城という言い伝えがある。
  この人物がどのような者か良く分からないが鎌倉時代の人物であるらしいので、豪族の居館はあったらしい。
 南に湖を望む絶好のロケーションであり、居館には絶好の場所である。
 今残る遺構は、明らかに戦国期のものである。
 江戸氏が整備し、涸沼の湖上交通支配の拠点、物資集積場、あるいは宮ヶ崎城、天古崎城、小幡城へのつなぎの城として使っていたのではないかと思う。