金上城(ひたちなか市金上町)

 那珂川左岸の低地に突き出した比高15mの半島状台地先端部にある。
 西側、南側は崖であり、東側には金上溜が天然の水堀を成し、北側のみ平坦な台地に続く。
 二つの郭からなり、合わせても150m×80m程度の小さな城域。
 遺構は一部欠落している部分もあるが、杉林の中にほぼ完全に近い姿で残っている。
 現状は、城と言うより大型の館に近いが、二郭西側に三郭があり、その外側に堀が存在していたらしい。形状からすると正にミニ水戸城である。
 残存する二つの郭は連郭式に配置され、台地先端部に御城山と言う本郭があり、北と南側に土塁が残る。
 本郭の大きさは50m四方で南側に長さ30mの張出しがある。
 東側にも土塁が存在したようであるが斜面の道を拡張した工事で崩落している。
東側から南側にかけて周囲を土塁を持つ帯曲輪が巡る。
 二郭との間は深さ6m幅12mという深い堀で隔てられる。
 この堀だけ見ると額田城、石神城クラスのものである。
かつては大きな城であったことが想像される。
 
 二郭は70m四方の大きさであり、現在は熊野神社の境内である。外城山とも言う。北側に2m程度の高さの土塁と堀があり、台地平坦部と堀切で遮断している。
 東側にも土塁が存在するが、本郭同様、北側は崩落してしまったようである。
 本郭側には土塁はない。この点は額田城や石神城と共通である。
 現在の参道がそのまま二郭と本郭間の通路であったのか、本郭と二郭の間の堀に木橋がかかっていたかどちらかであろう。
全体的印象としては、台地続きの方面に高い大型の土塁を巡らし、他の方面は低い土塁としている点及び土塁を持つ帯曲輪を低地側に巡らす点で見川城とも似ている。

 金上城の築城は平安時代 寛治3年(1089)村上源氏系の伊予守明成によると言われている。
 村上源氏といえばあの村上水軍や信濃の武将村上義清と同じ系統である。
 どのような経緯でこの常陸にやって来たのだろうか?

 その子孫は水戸城の江戸氏に仕え、子孫の明直の時、天正18年(1590)佐竹氏の江戸氏攻撃で討ち死にし、城は落城し廃城になったと伝えられる。
 城としては500年の長期間機能していたことになる。
 村上氏は金上溜の水利権を管理していた小領主と思われる。
 この点は白方館により白方溜の水利権を管理していた白方氏と似ており、城の立地状態も良く似ている。  

本郭の東側から南側にかけて土塁を持つ帯曲輪が巡る。 本郭の北側(二郭側)には高さ3mの土塁が覆う。
この裏側は堀である。
本郭東側(先端部)には低い土塁が覆う。
本郭と二郭間には幅12m、
深さ6m程の深い堀がある。
二郭には熊野神社が建つ。 二郭の北側も土塁が覆う。

ホームに戻る。