高渡館(常陸大宮市高渡町)

常陸大宮市の市街地中心部である部垂城のあった大宮小学校や甲神社のある岡から北に800m、久慈川に面した低地にある。
この付近は久慈川の氾濫原である低地であり、水田地帯である。
その一角、久慈川に面した微高地上にある。

この付近を流れる久慈川の水面の水面部の標高は20m、館のある場所付近は26mほどある。
その周辺は若干低く、南側の水田部で21m、西側で23m、北側で22m程度である。
標高差はたいしたものではないが、低地ではこの差がモノをいい、館のある付近は久慈川が氾濫してもまったく水がつくことはなかったといわれる。
このため、この付近は集落が発達している。

久慈川は平野部に出ると蛇行が著しく、現在は河川改修で比較的まっすぐが流路になっているが、蛇行の名残が粟原の釣り場や東海村の竹瓦地区などに見られる。
竹瓦地区は輪中集落であり、旧流路に沿って堤防が残り、まるで長塁のようになっている。
当然、輪中集落も河川港の1つであったのであろうが、さすがに堀はない。
この館は城館遺構が東側にU字形に土塁と堀跡が残る。

この点では輪中集落とは違うようである。
土塁は3〜4mほどの高さがあり、堀跡は幅が20m程度ある。
北西端部にも土塁が残痕がある。
南西側の微高地にも南側に土塁があったという。
これは昔の航空写真で確認できる。
規模としては東西100m、南北100mほどの規模があったのではないかと推定される。
堀は南側には存在していなかったと思われる。
それ以外の3方向には巡らされていたものと思われる。

@東側にU字形に残る土塁 B@の土塁の東には堀跡が畑となって残る。

館の性格であるが、久慈川の水運に係わる施設と推定される。
当時の久慈川は現在よりも水量は多く、河川交通が発達していたようである。
ここの上流には山方城、頃藤古館などの河川水運に係わると考えられる城館が存在し、下流には川に(当時は)隣接して石神城があり、海への出口には久慈城が存在する。
部垂城は久慈川の水運で栄えたと言われており、砂金や木材の流通が盛んであったようである。
この館は部垂城の河川港の管理事務所的な役目があったのであろう。

航空写真は国土地理院が昭和55年撮影のもの。

小倉館(常陸大宮市小倉)
高渡館の久慈川を挟んだ対岸、小倉地区にある。
富岡橋東交差点から国道293号線から分岐した県道165号線を800mっ北上した付近、東側にあたる。
館跡は水田地帯の微高地であり、南側に堀跡が水田として確認できる。
北側の竹林の中に低いが土塁が存在する。
部垂の乱で部垂城に対する付城、陣城だったのではないかと思われる。

南側に残る堀跡

航空写真は国土地理院が昭和55年撮影のもの。