根当要害(石岡市根当)
常磐自動車道石岡美野里ICの北西500mの比高10m程度の岡先端部にある単郭の小さな城である。
岡下に高圧鉄塔が建っているので場所の同定は容易である。
この岡は北西側の北小学校付近からIC方向に延び、先端部南東下で園部川に支流が合流する。
合流部は現在、水田であるが、当時は湿地帯であっただろう。


昭和60年の航空写真に写る根当要害

したがって、北西側を除く3方が湿地という城を造るには理想的な地形である。
このような地形の場合、台地続きを堀で遮断すれば一応、城として成り立つ。
当然ながら、この城もセオリーどおりそうしている。

しかし、その堀、堀だけは一級品である。
何しろ堀幅は最大15m、深さは現在でも最深7mもある。

これでもかなり埋まっているようであるので当時は10m近くあったものと思われる。
これだけ深いと地下水脈まで達していたはずであり、水堀状態だったのではないかと思われる。
今でも堀底は湿った感じである。

その堀が岡先端部を北側から東側に折れるようにほぼL型の形で総延長100mほどの長さで構築される。

曲輪には八幡社が祀られ南側から登る階段がある。
この階段を登った場所にある祠↑@は堀に面した櫓台のような場所に立っている。

その北側の堀は屈曲している。
土塁は堀に面して構築されるが、堀に面しない部分には存在しない。
曲輪は東西60mほど南北40mほどの広さで5角形に近い形状をしている。
内部はかつては畑として使われていたのではないかと思われるが、現在では藪である。
城についての詳細は分からないが、ここは大掾氏の本拠地府中城の北3.5qに位置するので、府中城を守るための出城であろう。

A北側の堀、堀底は湿っぽい。 B東側の堀、北側の堀で台地を分断すれば東側の堀は不要と思うが。

その逆に府中城攻撃用の佐竹の陣城という想定も成り立つ。
櫓台に建つ八幡社は源氏の崇拝する神社である。
佐竹氏は源氏の流れである。
一方の大掾氏は平家の流れである・・。
この謎、如何に?

しかし、あの堀の工事量は陣城の工事量ではない。
かなりの労力を長期間投入して構築したものであり、臨時のものではない。

大掾氏の敵は水戸の江戸氏、そしてその背後にいる佐竹である。
果たして実戦でこの城が使われたものかどうかは分からないが、この巨大な堀は佐竹への恐怖の裏返しだったのではないだろうか。