幡館(幡町森東)
幡館は常陸太田市役所の東約1km里川左岸の幡台地南端に位置し、茨城県遺跡地図によると長幡部神社の南側にあったことになっている。
現地の地形と照らし合わせると単郭の館ということになるが、良く観察すると長幡部神社境内にも土塁や堀の跡があり、東側には明確な帯曲輪が見られる.
このことから、ここも館の領域であったようである。
したがって、2つの曲輪からなっていたようである。
長幡部神社境内も館の領域とすれば、東西100m、南北200mの広さである。
館址の西と南側は急坂であり登攀は難しいが、東は比較的緩やかな斜面が低地まで続き、裾野が森東の集落である。
北側はほぼ平坦であり、台地中心部につながる。

館のある場所の比高は約35mである。
館址とされる神社南側は平坦地Tであり、ここは間違いなく城館跡である。

ここは南北70m、東西50mの広さを持つ長方形であり、広い。居住を兼ねた空間である。
北側以外の3方向は高さ3m〜4mの切岸に加工され、東側には長さ25mにわたり土塁が残る。
ただしこの土塁は1mほどの高さしかない。

切岸の下には帯曲輪が取り巻く。東側は幅10m程度と狭いが、西側は15mの幅を持つ。
北側の長幡部神社境内南東側にある天満宮の社は土塁上に建つ。
この土塁は高さ2m、幅は10m、長さ30mある。古墳を転用したものである可能性が大きい。
土塁上に大きな板状の岩があるが、石室のものかあるいは門の礎石ではないかと思われる。

土塁の南側が窪んでおり、ここは堀跡ではないかと思われる。
土塁が外側にあり、堀が内側におく形式は古代の城に多いので、この館の歴史は中世以前に遡る可能性もある。
この曲輪Tへの入口は3箇所ある。1つは北側(長幡部神社の東側)であり、ここには土橋が土塁東側に残る。
その東側には堀が残る。もう一つは曲輪南側から南東の森東の集落側に下る道である。
その途中には物見台のような盛り上がりを持つ曲輪がある。

最後の一つは郭南側から南西下に下りる道であるが、この道は急坂であるが、やはり途中に曲輪が残る。

一方、北側の神社境内東の林の中に土塁跡と思われる列状の土の盛り上がりが20mにわたり存在するので、神社境内も曲輪であった可能性が大きい。
長幡部神社があるため、遺構はかなり失われているようである。
北側が平坦で台地に続いていくので北側に曲輪を置かないと防衛上心もとないので当然かもしれない。
その証拠として境内北側から西側にかけて直線状に窪みがあり、ここに台地を掘り切った堀があったようである。
この堀の一部は神社入口部に明確に残る。また、境内東側は切岸になっており、下に帯曲輪がある。
この部分は神社の建設で遺構がかなり失われているようである。
なお、その外、北側には今は湮滅して存在しないが、長幡部古墳があったという。
この古墳は物見台として使われていた可能性があろう。

この館の関係で最も城郭らしい雰囲気のある遺構は、館の地より西に200mにある長幡部神社の参道である。
ここは柔らかい凝灰岩を削って造った切通であり、深さは3mほどもあり、鎌倉の切通と良く似た景観である。
この道は蛇行しながら50mほど続き、台地下に通じる。

この切通の道がいつごろ造られたか不明であるが、本来、この道が大手道であり、現在の長幡神社境内を通り、北側の虎口から館内に入っていたのではないかと思う。
 館主は不明であるが、常陸風土記にこの地に機織を業とする長幡部族という集団がおり、その長の館ではないかという説がある。
 この一族は律令制の下で発展し、律令制の崩壊に伴い衰えたと推定されるため、館も平安時代初期頃までには機能し、その後は放棄されてしまった可能性もある。
 したがって、古代末期の豪族の館と考えることもできる。堀を内側に置く形式はこの推定を示唆する。

なお、機織りが行われた場所はこの地より北側400mの地点と言われており、当時使用された土師器はその地より多く出土している。
 ところが、館址付近からの土師器の出土は少なく、旧石器や縄文時代前期、弥生時代の土器が結構出土する。
 (東の山麓には縄文早期、前期に形成された森東貝塚、築崎貝塚が立地する。)
 この点からは古代末期、中世初頭の館である可能性は低いのではないかとも思われる。

 室町初期の佐竹氏家臣団の佐都東西郡奉公衆に「幡」氏の名が見られ、幡館がその居館であった可能性が大きい。
 水戸の長者山城のように古代末期の館を利用したとも考えられる。
 館のある場所は常陸太田城の東側の台地先端部であり、常陸太田城防衛上の物見などの役割があったと思われる。
 台地を北側に2.5q行くと田渡城である。

「幡」氏が長幡部族の末裔で、佐竹氏の家臣団に組み入れられたものか、全く関係ない一族なのかは不明である。
 その後の「幡」氏についての記録は明確でない。

長幡部神社東の土橋から見た堀状遺構。 神社西側にある台地下から登る参道。
本郭跡 本郭の東側に残る土塁 本郭北側の土塁(古墳?)と堀(右側)

 長幡部神社は、常陸太田市内では最古の神社であり、この神社を奉った長幡部族は常陸風土記にも登場する。
 美濃から来た織物の専門集団であり、一族の墳墓である幡横穴群には船の線刻壁画を持つものもある。
 当然、船でこの地に渡来したと思われ、久慈川河口から上陸した可能性が大きい。
 金砂神社の神は海からやって来て久慈川河口に上陸したと伝えられているが、この神は先祖を置き換えたものらしい。
 砂神社の神と長幡部族がどのような関係かは不明である。
 あるいは同一かもしれないが、同一ルートでこの地に来たらしい。

 佐竹氏の重臣に石神、額田、山尾に城を構えた小野崎氏がいる。
 小野崎氏は佐竹氏がこの地を支配する前の馬坂城、常陸太田城の城主である。
 一応、藤原秀郷の子孫と伝えられるが、これは疑問が持たれている。
 小野崎氏がこの地に来た場合、当然、原住民との間で軋轢が生じるはずであるが、そのような記録、伝承もなく、いきなり馬坂城、常陸太田城の城主として登場する。
 むしろ長幡部族など古代氏族の末裔であると考える説もある。
 なお、長幡部神社はもともと北700mの地点にあったと伝えられており、江戸時代には現在の地に建てられているので、この館が廃館になった後に移転されて来たと思われる。

大森薄井館(大森町)

城館が密集する常陸太田市東部、多賀山地南端の谷津が発達した比高20mの尾根上に築かれている。
佐竹氏の旗本薄井(臼井)玄蓄の館と伝えられ、佐竹氏の秋田移封時まで存続していたと言われる。
残念ながらこれ以上のことは分からない。

非常に細い道が入り組んだ場所にあり、館のある場所がなかなか分からなかったが、山林をさまよって何とか見つけ出すことができた。
何ていうことはない大森町にあるゴルフ練習場の東側の道を行き、舗装の途切れた場所に車を置き、そのまま山道を尾根伝いに北東に歩けば100mほどで館跡である。

この道は主郭の南側を通っているが、良く見ないと館遺構は見逃してしまいそうである。
こちらの方面には人目で館の遺構と思われるものは少ない。
舗装の途切れた場所の北東側は尾根が細くなり、道が土橋状になる。
そこを越えると土塁と堀が道と垂直に造られている。

ここが大手門に相当する場所であったのであろうか?
土塁1本は明瞭であるが、その手前にももう1本土塁があったようである。
堀の北東側は高さ2mほどの切岸となっている。

 この北東側も曲輪のようであるが、内部は自然地形であり、加工した形跡はない。
 土塁から50mほどで主郭である。
長さは東西80mほどあり、南北35〜40mほどある。
 ここ以外に曲輪といえるものはなく、単郭の館といえるであろう。

主郭南側の中央部に登り道がある。西側と東側は2mほどの切岸となっている。

東側にはお化けが出そうな廃屋があり、曲輪の一部が破壊されているようである。

東側の窪地は幅20m程度あるが、その東には平坦な台地が続いているだけである。

これは防御上疑問があり、どうも廃屋が建設された時、埋められたのであろう。
川崎春二氏の「奥七郡の城館址と佐竹470年史」ではこの部分は二重堀であったという。
玄蕃坂を登ると主郭東の堀に出る。 主郭東側の堀跡。ここは二重堀になっていたという。 主郭北側の土塁。 主郭北側の切岸。
主郭西側の堀。 主郭西側の堀北側。 大手口の土橋。両側は堀状となっており、正面左右に土塁がある。

春友館(春友町字堀の内)
里川が蛇行して流れる里美に通じる山間にある。
館は里川の左岸の河岸段丘上にあり、館西側に里川低地の水田地帯を見下ろす。
館のある台地は低地からの比高は10m程度。
館の規模は150m四方の大きさを持つ単郭である。
館の周囲には全周にわたり土塁が築かれ、平坦部に続く東側と南側には堀が存在していた。


 現在、館址は畑、宅地となっているため、ほとんど遺構は確認できないが、台地西側の大手口付近に台地縁部に沿って土塁が見られる。
台地上は平坦であり、東側は山地、残る3方は侵食谷。
館主は佐竹氏の近習衆の武藤氏と伝えられるが確証はない。

大手口に残る土塁 館東側。堀、土塁は隠滅している。

   館址を西側の低地から見る。

根本館(白羽町字西ノ内) 

里川左岸、里川を西の眼下に見る両側を侵食谷に囲まれた東の山地から延びる舌状台地の先端部にある。
館の北側は里川に流れ込む沢が侵食した崖であり、南側はやや緩い斜面、東側は台地平坦部に続く。

本郭部は、東西約100m、南北約50mの長方形。
館のある場所の比高は約20m。
里川側の一段低い位置に腰曲輪がある。
本郭の入口は東側にあり、この部分は台地を掘り切り二重土塁が設けられていた。
土塁は畑と宅地となりほとんど失われている。
 館主は藤原秀郷流 小野崎通成の子盛通が根本氏を称して居住し、以後18代に渡り在館したというが、いつまで居館していたかは不明である。

館跡を南東側から見る。
土塁が残存しているのが確認できるが、ほとんど遺構は湮滅している。