大串原館(水戸市東前町)
旧常澄村の中心部の東前地区にある。
東に向かうと大串貝塚があり、東水戸道路水戸大洗ICが北東600mに位置する。
館は那珂川の低地を北に望む岡の上にあり、隣接した北側の岡にすでに工場の敷地となって湮滅した椿山館があった。

館は東前病院から東に150m、東に向かう道路が谷津部を越え、岡に上がった場所の北側の杉林の中にある。
極めて小さなものであり、曲輪内は30m四方に過ぎない。

周囲に堀が1周し、西側は堀になっていたようでもある。
虎口は南側にある。しかし、全体に埋没が激しく、堀底から土塁上までは50〜100cmしかなく、写真を撮っても識別しにくい。
ただし、完存状態ではある。

館主としては大掾氏の一族石川氏が想定される。
石川氏はこの付近に領地があり、江戸氏にしたがっていたらしいのでその可能性は大きいと思われる。
しかし、30m四方程度では館と言えるか疑問が残る。
精々家1軒分程度のスペースに過ぎないものである。
堀、土塁も埋没している状況から元々規模は小さいものであったと思われる。
隠居屋敷あるいは、土塁上に柵を構築しただけの単なる馬囲いの施設であったのかもしれない。
西側の土塁と堀 北側の土塁と堀