車城(北茨城市華川町)
JR常磐線磯原駅の北西3.5km、常盤自動車道 北茨城インターチェンジから2kmほど福島県方向に走行して、左手に見えてくる岡が車城址である。
「群馬城」、「牛渕城」、「臼庭城」という別名もある。

阿武隈山系の南麓の半島状丘陵地に位置し、岡の比高は約40m。南北に約400mの城域を持つ。
城のある岡の東西は急斜面であり、低地に花園川の支流が流れ、周囲は水田地帯となっている。
城は典型的な直線連郭式であり、南側が大手口になる。その大手口付近が水田地帯より一段高い平場@になっている。
この平場は居館の地ではなかっただろうか。
大手口を上がると、まず、岩盤を削った切通しAを通る。
多分、ここは当時のままであり、木戸があり、天然の大手門であったのだろう。

その先、四、五、六郭の切岸が東西に3つ並び、そこを過ぎると堀切Bがあり、その北側が二郭である。
二郭は120m×30mの細長い曲輪である。
この付近の曲輪、内部の藪が凄い。

切岸の勾配は急である。
この大手道Cは本郭に建つ八幡神社の参道でもあり、腰曲輪を通っている。犬走りでもあるのだろう。
西側の斜面を見ると下にも腰曲輪があるのが分かる。

二郭の北側は切通しの堀切Dとなり、赤い鳥居が建ち、井戸跡がある。
堀底道を進むと二郭を経由して本郭Eに到達する。本郭の入口には大きな岩があり、ここに木戸が置かれていたものと思われる。
本郭には八幡神社が建つ。本郭の周囲には土塁は見られない。100m×30mほどの広さがある。
本郭の北側は堀切Fとなっているが、2段構造であり、深さは10m以上あり、本郭側の切岸Gの勾配は鋭い。
自然地形に手を加えたものであろうが、ここまで掘るのは大工事量である。

本郭の西下に犬走りが通り、堀切を越え、北側の曲輪Hに通じるが、この曲輪内も藪状態。
結局、満足に歩けるのは神社境内となった本郭とそこまでも参道くらいである。
鳥瞰図は北茨城市史及び「茨城の城郭」掲載の縄張図と現地調査を基に描いたものである。
規模は大きいがそれほど堅固とも思えない。
南側の居館の緊急時避難所であり、米倉、武器庫、金蔵などの重要物資を保管するために広い曲輪を持っていたのか、遠征する軍勢の宿営地として整備された城なのであろ。
特に、この付近ではこの城以上に広い曲輪を多く持つ城はなく、宿城としての条件は群を抜いているように思える。

「新編常陸国誌」によれば、築城は鎌倉末期嘉元年間(1303−06)臼庭加賀守によると言い、後に岩城二階堂氏の一族、砥上氏が車氏を称して居城したという。
文明17年(1485)岩城常隆の侵攻を受けて佐竹領侵攻の拠点とされ、常隆は弟の隆景を置き、車氏を復興させたが、その子孫は佐竹氏に従うようになった。
その最後の当主が猛将、車丹波守猛虎である。
彼は関が原の戦いの直前、佐竹義宣より上杉氏に秘密裡に派遣され、伊達氏との戦いで活躍する。
当時を扱った小説にも度々、登場する人物である。
関が原の戦後はこの地に戻り、佐竹氏の秋田移封に同行せず、この地に留まっていた。
その後、徳川氏に渡った水戸城奪還を企て処刑されたというが、実際は不穏分子の車猛虎を水戸徳川氏が適当な理由で抹殺したともいうのが真実らしい。

@城址岡先端部の段差上は館跡か? Aここの切通しは木戸があったのでは。 B二郭と四郭間の堀切
C八幡神社の参道は犬走りか D本郭と二郭間の堀切 E本郭に建つ八幡神社
F本郭背後の大堀切 G Fの堀底から見上げた本郭 H本郭北側の曲輪は藪だらけ。

なお、TV「水戸黄門」に出てくる風車弥七は猛虎の弟、善七がモデルとともいう。
さらにエピソードは続く、「フーテンの寅さん」こと「車寅次郎」のネーミングは車猛虎がヒントともいう。
さらには城下に「桜」という字名まであり、どこまで真実か定かでないが、話題に事欠かない城である。
しかし、その話題性の高さに比べて寂びれた城址であり、整備はされていない。
廃城は関が原の戦い後であろう。