楯の宮館(鹿島市和)
北浦に架かる北浦大橋を渡り鹿島市津賀地区に入り、右折して鹿島市街地に向かいカーブを曲がり東に向かうと1q先の正面に岡が迫る。
下の写真は東から見た城址のある山である。
この岡が城址である。東から西側の北浦方面に突き出た岡が浸食され、岡は2つに分岐する。
このうち南側が立原城の岡、北側が楯の宮館のある岡である。岡の比高は25m。
西端、北側は藪状態で湿地があり、この方面からの登城は難しい。

一方、南側は集落であり、こちらからも登城は難しい。
このため、余湖さんが攻城したように台地続きの東側から城に向かう。下の航空写真の青線のルートである。
この東側に墓地があり、墓地の北端かに尾根伝いに西に向かう道がある。
この道@は堀底道のようになっている。
途中に堀切のようなものがあるが、堀としてはかなり不明確である。
先端部近くになると南側に横堀Aが延びるが、この堀、途中で曖昧になっている。
さらに西に堀Bが現れる。こちらの堀は幅が7mほど、深さは3m程度で明確である。
この堀は南下に下っているが、これが登城路なのであろうか。
一方、堀の最高位置には土橋があり、その先が主郭である。
東西60m、南北40mほどの広さであり、ほぼ全周に土塁Cが回るが、郭内からは1mしかない。
土塁間には所々、切れ目があり、虎口がある。
西端の土塁はかなり広い。
ここは北浦方面の眺望がよく、櫓があったように思える。
南側から西側にかけては1段、2段の腰曲輪が回る。
けっこう、技巧的な形であるが、土塁、堀はかなり埋没していたり崩れていたりしており、風化した感じであるが、元々、それほど大規模なものではなかった感じである。
主郭内部も平坦な感じではなく、その東側も自然の山状態である。
戦国時代の城であることは間違いないが、近隣の林城、津賀城などに比べるとメリハリが少ないのはなぜだろうか?
城の歴史は不明であるが、林城、津賀城に関係する北浦監視用の城であろう。
@岡の東からの道は堀底道状。 A城東側の横堀
B主郭東の堀 C主郭内を巡る土塁

航空写真は国土地理院が昭和49年に撮影したものを利用。

津賀城(鹿島市津賀字亀城)
現在、津賀城城址公園として整備され、北下にきちんとした駐車場がある。
しかし、城址公園なのに城の解説もなければ、縄張図も掲示されていない。
何だこれは!どうも土木会社に工事をやらせるための公園整備だったとしか思えない。
城址の西下は大同西小学校であり、小学校からの登り道もある。
小学校からはすぐ東側の比高20mほどの台地の上、城跡は小学校の校外学習施設のような感じである。

基本的には単郭の城であり、主郭とその周囲の帯曲輪からなるようにも思えるが、南側の部分も土塁らしいものや堀のようなものもあり、曲輪のような感じでもある。
しかし曖昧な感じはぬぐえない。
南側の県道186号線バイパス側から入っていくと主郭部の南に出る。
2重の堀切になっていたようであり、虎口に土塁Bがある。そこから土橋が主郭にかかり、両側は堀Aになっている。堀から主郭の土塁上までは5mほどある。

虎口@を入ると曲輪内、内部Cはゴーグルのような歪んだ楕円形であり、東西80m、南北最大40mほどの広さ、周囲を高さ2mほどの土塁が覆う。
虎口を入ると低い土塁があり、曲輪内部にも低い土塁がある。
曲輪内が仕切られていたようである。
主郭周囲は幅5mから15mの帯曲輪Dが覆うが、一部に土塁があるので、一部は横堀だったようである。

築城者及び城主については、重要遺跡報告書Uでは「系図的に不明であるが、大永年間(1521〜1528)に津賀大膳、天正年間(1573〜1592)に津賀大炊介がいたことが『鹿島治乱記』にみえる。
 津賀大炊介は大永4年(1524)、高天原(鹿島町)で鹿島氏の宿老松本尚勝と戦いこれをやぶった。『津賀津福寺過去帳』に、「大安全切居士永禄11年戌辰3月20日津賀大膳」とある。」
ここからの北浦の眺めは抜群であり、北浦の湖上水運を監視する城であるのは間違いない。

航空写真は国土地理院が昭和49年に撮影したものを利用。
左の写真の右上が城址の岡。北浦に面し、湖上水運を監視する城であったことが分かる。

余湖くんのHPを参考。
@ Bから見た本郭虎口 A 本郭南側の横堀 B 本郭虎口@から見た外郭側の虎口
C本郭内部、周囲を土塁が覆い、仕切土塁がある。 D本郭周囲の帯曲輪 城址から見た南西方向の北浦と北浦大橋