甲頭城(鹿島市武井)

武井城の南側の北浦に注ぐ甲頭谷津を東に800m、鹿島の杜CCの南側に突き出た比高25mの山にある。
甲頭城というが、ここを武井城ということもある。

北側が台地に続き、残り3方は谷津である。構造的には武田城とそっくりである。
単郭の城であり、主郭部は40m四方ほどに過ぎない。しかし、切岸の勾配等、メリハリが素晴らしい。
郭内からの土塁の高さは2m。南側に虎口がある。
東と南に帯曲輪が回り、南下に降りる虎口が帯曲輪にある。
凄いのは台地続きの北側、外枡形@があり、堀Aが抉るように構築される。

台地続きの鞍部は平坦になっており、東下を下る道がある。
これは本来の登城路であろう。遺構はほぼ完存状態である。
しかし、どうしようもないくらいのド藪である。
写真を撮ってもさっぱり分からない。
ごく小さな城であり、物見の城程度の規模であるが、前は谷津、北浦が西に少し見えるだけである。
ここは隠れ砦ではないだろうか?居館的性格の武井城の避難施設か?
中居氏家臣に加布藤美乃と言う者あり、この者の城と言う。

東から見た城址、写真右手が入口となる。

@外枡形なのだが・・・さっぱり A外枡形外の堀

武井城(鹿島市武井)
北浦に架かる北浦大橋を渡り鹿島市津賀地区に入り、右折して鹿島市街地に向かうと楯の宮館や林外城があるが、逆に左折し県道18号線を行方方面に向かう。
そして1q、武井地区となる。
武井交差点からは東の鹿島の杜CCに向かう立派な道路があり、北側に唐臼神社がある。
武井城はその道路の反対側南側の岡である。
この岡、けっこう急勾配で比高が30mほどもある。
武井交差点から東に入り、すぐに工場裏を岡に登る細い急坂の道がある。
この道を上がった岡の上が城址である。
この道自体が登城路であったらしい。
下の写真は北西側北浦湖畔から見た城址である。

岡の上は平坦、東から西に向けて緩やかに傾斜しており、民家と畑である。
広さは300m×100m程度のものであろうか。
岡の南側縁部には土塁が残る。西側にも残るそうである。
岡北側にも一部、土塁が残る。台地続きの東側には堀が存在したはずであるが、見当たらない。
おそらく埋められたのであろう。
航空写真は国土地理院が昭和49年に撮影したものを利用。

城址南側に残る土塁
城址東側に残る土塁