白井城(渋川市(旧子持村)白井)

 築城時期は不明。山内上杉氏に属する長尾景仲の築城といわれる。
この城もこの地方の他の城郭同様、上杉、北条、武田各氏の抗争の波に揉まれた歴史を有する。  

山内上杉が川越夜戦で敗退し、北条氏に圧される頃になると本城が拠点となった。
 その後、上杉氏の名跡を上杉謙信が継ぐと、上杉謙信の関東出陣の拠点となり、さらに武田氏の上州へ侵攻後は、真田幸隆が奪ったり、北条氏が奪回したりが繰り返された。 城主の長尾氏も、このため上杉氏−武田氏-上杉氏-北条氏−滝川氏−北条氏ところころ主を変えた。
 天正18年(1590)の小田原の役では北条方の北関東防衛の拠点に位置付けられたが、松井田城を攻略した前田・上杉氏らの北国方面軍の攻撃で、長尾政景が降伏して開城した。
 北条氏に心底服従していない長尾氏であれば余り戦意はなく、開城降伏は当然の成り行きであろう。
 家康の関東移封後は、徳川氏家臣の本多氏が入城するが、元和9年(1623)に廃城となる。
 渋川の市街北の利根川と吾妻川の合流点西側吾妻川の崖に面した丘に城が築かれている。
城の東は白井宿であり、城のある丘は白井宿より比高が15m程度高くなっている。
 形状は南側に頂点がある3角形状であり、本郭は最南端部に位置する。
本郭の北側虎口には石垣が見られる。その北側に連郭式に二郭以下が並び、郭間は掘で仕切られる。
 本郭、二郭の東側は深い堀(水堀?)が存在し、その東側にはさらに土塁がある。
その東にも郭があるが、これは本多氏の時代に築かれたと言われる。
 主郭部のほとんどは農地と一部住宅になっているが、本郭周辺の土塁や堀、虎口の石垣などは完存しており、二郭、三郭間、三郭、四郭間の堀も浅くなっているものの良く残っている。
本郭虎口の石垣。 本郭と二郭間の三日月堀。 本郭虎口の土橋と土塁と堀。 本郭内の土塁。
本郭東側の堀と土塁を本郭の土塁上から見る。 二郭と三郭間の箱堀(西側)と土橋。 二郭と三郭間の箱堀(東側) 三郭内